任意整理とは、本人又は専門家による借入先との交渉などにより借入額を減らす手続をして、その結果の金額を数年に渡って分割返済することを借入先業者と交渉する私的な債務整理(借金整理)方法です。
また任意整理をする際に、借入額が0(ゼロ)になってさらに払いすぎていた利息が戻る場合があります。
それが過払い金です。
完済している場合は「過払い金」が発生しています。返還請求をしましょう。
任意整理・過払い金の相談 任意整理
 ※夜24時まで受付

司法書士 矢口康示

埼玉県司法書士会会員番号第1070号
簡裁訴訟代理関係業務認定112003号

・司法書士会クレサラ相談員
・さいたま市区役所相談員
・法テラス埼玉登録司法書士

〒331-0052
埼玉県さいたま市西区三橋6-78-2-2F

現在、多重債務に苦しんでおられる方は全国で250万人以上といわれています。その予備軍といわれる方々も相当数に上ると思われています。
借金の整理をすることは恥ずかしいことではありません。当事務所にご相談いただければ「親切・丁寧」に対応させていただきます。
※夜間、土日のご相談も可能です。依頼者様のご都合に合わせ対応いたします。
※群馬県、茨城県、栃木県も対応いたします。



個人情報

@個人情報とは
人に関する情報で、住所・氏名・電話番号・メールアドレス等、その他の記述等により個人を識別できるもの、個人に帰属する番号・記号によって個人を識別できるもの、また、その情報だけでは個人を識別できなくても、他の情報と容易に照合することができ、それにより個人を識別できる、または、それらによって個人が識別されうるものを指します。

A個人情報の収集について
お客様に個人情報の提供を依頼する場合は、利用目的を特定して通知または公表し、取得した個人情報を、その利用目的の範囲内に限り、利用・提供する等適切に取り扱います。当事務所への個人情報の提供を希望されない場合は、お客様のご判断により、個人情報の提供を拒否することも可能ですが、その場合、全てのサービスをご利用いただけないことがあることを予めご了承願います。

B個人情報の利用目的について
当事務所は、取得した個人情報を、以下の利用目的の範囲内でのみ利用いたします。
1 債務整理を初めとする、司法書士法第3条にて定められた業務の受任、処理、事務連絡のため
2 その他、各種業務に伴う業務の実施を円滑に行うため

C個人情報の第三者提供について
当事務所は、お客様の個人情報を第三者に開示・提供することは致しません。但し、上記利用目的において円滑に業務を遂行するために必要な範囲内で、業務委託先に提供する場合がございます。その場合は、個人情報の保護が十分に図られている企業を選定し、個人情報保護の契約を締結する等必要かつ適切な処置を実施し、適切な監督を行います。また、司法書士業務として受任した案件について、関係法令に基づき、裁判所、相手方及びその代理人、管財人等に対し、利用目的を達するのに必要な範囲内でのみ個人情報を提供する場合がございますが、その場合、提供された個人情報については関連法令の定める範囲内において利用されます。なお、法令等に基づき裁判所・警察機関等の公的機関から開示の要請があった場合については、当該公的機関に提供することがございます。

D個人情報の安全管理について
当事務所は、その保有する個人情報が、紛失・破壊・漏えい・改竄、不正利用等されないよう、規定を整備し、合理的な安全対策を講じます。なお、利用目的が達せられ、継続して個人情報を保管する必要が無くなったと判断した場合、お客様の個人情報を消去する場合があります。

E個人情報の照会・訂正・削除について
当事務所は、保有する個人情報に関して、ご本人から、開示・訂正・更新・消去等の要請があった場合、お申し出いただいた方がご本人であることを確認した上で、個人情報保護法の規定と趣旨等に従って誠実に対応します。なお、消去を行うと提供できないサービスが発生することがあります。

F規約の変更について
このプライバシーポリシーは、関連法令等の制定・改正等があった場合や当事務所で改訂の必要があると判断した場合において、予告なく改訂されることがあります。


任意整理・過払い金の相談